テバク 動画1話を日本語字幕で無料視聴するには?

テバク 動画1話を日本語字幕で無料視聴するには?

この記事では、『テバク』1話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

長いようですね、1話の粛宗とマングムの対決。

 

難しいルールのある賭け事ではなく、『表か裏か』みたいに単純な方が入り込めるよう♪

 

『テバク』1話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

韓国ドラマ『テバク』情報

玉座をめぐる男たちの戦い、そして運命の愛・・・。

 

世紀の大勝負が今、始まる!!

 

韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマです。

 

ストーリー

 

1693年、賭博好きの夫マングム(イ・ムンシク)の妻ボクスン(ユン・ジンソ)は、策略により第19代王、粛宗(チェ・ミンス)の側室にさせられ、男児を出産します。

 

しかし月足らずで生まれたその子は出生を疑われ、ボクスンはわが子は死んだと偽り、マングムに託したのです。

 

マングムに育てられた子はケットン(のちのテギル/チャン・グンソク)と名付けられ、明晰な頭脳で博徒として天性の才能を見せるようになっていました。

 

一方、ボクスンの第2子、ヨニン君(グン)(ヨ・ジング)は、身の不遇を嘆き、酒や賭け事に溺れ空しく日々を過ごしていました。

 

そんな時、テギルの父マングムが無念の死を遂げ、父の復讐を誓ったテギルはやがて自らの出生の真実を知ります。

 

そして、陰謀を企むイ・インジャ(チョン・グァンリョル)の娘として育てられ、王命を狙うべく刺客となったタムソ(イム・ジヨン)と出会う…。

 

それぞれの運命に翻弄され、錯そうする男たちの勝負は?

 

そして愛の行方は?英祖(ヨニン君)の即位直後に勃発した朝鮮歴史上最大の反乱、『戊申政変(イ・インジャの乱)』をモチーフに描く、壮大なドラマです!

 

スタッフ

  • 演出 : ナム・ゴン『仮面』
  • 脚本:クォン・スンギュ『ペク・ドンス』『火の女神ジョンイ』
スポンサーリンク

『テバク』メインキャスト

チャン・グンソク(장근석):ペク・デギル(백대길)役

生きてはならない王の息子。

 

『すべての闘牋房(トゥジョンバン:투전방)を私の足元に跪かせる!』

 

※牋・・・フダの意

 

闘牋一つで朝鮮八道を制覇したので、別名も多くうわさも多いです。

 

闘牋の神、冷骨、祠堂谷の鬼神。

 

清国皇帝と将棋を差したという噂もあるし、最初に闘牋札を手に握って生まれたという噂も飛び交うので、へその緒を切る瞬間、彼の運命はもう賭博師に決まったのかもしれない。

 

四書三経をすぐに覚える頭、十里の果ての雁の羽ばたきを知り得る視力で、矢も手繰るという鬼神のような手つき。

 

しかも一度席に着くと、場を独り占めにしたり、すっからかんになる時まで、決して席を離れないものすごい固執まで、ことごとく父ペク・マングムの資質を受け継ぎました。

 

しかし、それもまた、明確な王の血を受け継いだ者。

 

賭場を転々としながら節制のない人生を送ろうとも、生まれつきの王の気質は隠せません。

 

鋭い剣一振のようだった朝鮮第一剣と、復讐だけのために生きた女性も、彼に心を開かなかったのか!

 

しかし、テギルは自分の血筋を知るようになっても、生きてはならなかった王子であることを知っても、意に介さなかったのです。

 

ただし、決心するだけ。

 

『太陽の下の王になれないなら、夜の王になる』

 

ヨ・ジング(여진구):延礽君(ヨニングン:연잉군)/英祖(ヨンジョ:영조)役

王になることができない王の息子。

 

『私が、王にならねばなりません』

 

本名は李昑(イ・グム:이금)。

 

名前そのままに、いつどこでも彼は冷徹で明晰たが、王位についたその日まで、一度も自ら光を放ったことはなかったです。

 

自らその光を抱き、時を待ちました。

 

王になろうとするイ・グムの心もまた、誰も気づいてはならなかったのです。

 

しかし、そう私の命を持ちこたえるために光を隠して生きる時も、生まれつきの王骨の性情は、通常の王統とも格が違いました。

 

父・粛宗の怒号にも萎縮しない覇気。

 

たった一度も正当な理由なしに誰にも頭を下げておらず、ただの一度も虚言や失言を飛ばしたこともなかったです。

 

彼が正しいと言えば正しく、彼が間違っているといえば間違っていました。

 

自分の意志と関係なく、王子に生まれた少年。

 

まっすぐな芯に話術まで備えたので、欠かさず、すらすらと吐き出す言動も詰まりがない。

 

特有の洒落っ気を混ぜ今上にさえすらすらと直上な発言を飛ばすので、ひどい目にあって後ずさりする朝廷の大臣は一人や二人ではないのです。

 

実に愉快で痛快な快男児。

 

一体誰がこの男を拒むでしょうか・・。

 

しかし、いくら捕まえようとしても、捕まらない人もいます。

 

朝鮮八道にたった二人だけの方。

 

一人は崖っぷちになってこそ、やっと手を差し出したテギル。

 

一人は、首に刃を突きつけても絶対に自分の意志を曲げないタムソ。

 

この二人と縁を結んだ時は、確か自分が延礽君(ヨニングン)と呼ばれている時でした。

 

その日、紅梅館(ホンメグヮン)でタムソと呼ばれた女性に会ったのではないでしょうか。

 

タムソのために自分の命を差し出したテギルに会ったのではないでしょうか。

 

運命のように・・。

 

チョン・グァンリョル(전광렬):李麟佐(イ・インジャ:이인좌)役

朝鮮の反乱者。

 

『玉座だけが、この腐った朝鮮を変えることができる!』

 

世宗大王から降りてきたこの李氏の血筋を譲り受けたが、王となってはならない運命も持って生まれました。

 

彼は南人が失脚した庚申換局(キョンシンファングク:경신환국)、西人(ソイン:서인)が失脚した己巳換局(キサファングク:기사환국)。

 

二度の換局を祖父イ・ウンジンのそばで見て育ち、どうせ王になれないのなら、王権に振り回されない朝廷を作るぞと決意し、19の年に登庁した不世出の天才であり、政治家だったのです。

 

王になれない人生を持っているが、王を手の平の上で持って遊ぶほどの優れた人材。

 

都城最高の将棋棋士をわずか10歳の年に越えた読みの達人で、いくら側近であっても、得ようとするものより価値が減ると判断されるときには、容赦なく斬り捨てる冷酷さまで揃えました。

 

それで、祖父イ・ウンジンは、将棋盤の横で入れ知恵する李麟佐を直ちに調べてみて、百年に一度生まれるかどうかの天才と言います。

 

しかし、彼の歳19、誰より優れた頭で文武に精通したが、悲しいかな逆賊の家門、謀逆の子という烙印で、彼は科挙さえ受けることができなかったのです。

 

これを残念に思った祖父であり、正2品訓練大将イ・ウィジンが、彼を養子にして党籍に上げようとしたが、李麟佐はむしろイ・ウィジンの好意を断り、こう話しました。

 

『おじいさま。一度置いた手を無い手にすることは出来ないのです』

 

そして、決心したのです。

 

『私が・・・むしろ私が王になります』

 

チェ・ミンス(최민수):粛宗(スクチョン:숙종)役

野心と非情の王。

 

『私は決して、私のうしろで企むことを黙認しない』

 

敵には冷静で冷酷で、気まぐれで鋭敏だが、国政においては徹底的に大公無私な王。

 

心中を見抜くことは考えもできないことであり、なまじ意中を推しはかっては、血の嵐飛沫が吹くことになります。

 

粛宗は権力の化身であり、妖婦だった禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)から抜けだしてからいくらも経たず、仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)の処置を置いて、大臣たちと猛烈な葛藤を生じさせます。

 

禧嬪張氏に対する懐疑心が深まるほど、南人(ナミン)の独走に警戒心を増幅させたのです。

 

また、王室を掌握する外戚勢力を排除し、王権を確立するための政争で、彼は王座に対する懐疑心に直面したりもします。

 

すでに彼の心は疲弊して孤立していたのです。

 

そんなさなか、ポクスンイ(淑嬪崔氏:スクピンチェシ:숙빈최씨)に会いました。

 

張玉貞(チャン・オクチョン:장옥정)に劣らない美貌に、ムスリとは思えない気品を備えたのです。

 

彼女は夫がある女子だったが、粛宗には問題になることではありませんでした。

 

抱いていたい女人一人持つことができないならば、どうして国王と言えるでしょうか。

 

抱いていたい女人一人持つことができないならば、どうして国王と言えるでしょうか。

 

相関図

スポンサーリンク

『テバク』1話あらすじ

権力の頂点、玉座

 

玉座を守ろうとする者。

 

玉座を勝ち取ろうとする者…。

 

1728年に反乱を起こし、政権を覆そうとした男、それがイ・インジャだ。

 

『久々ですね、白面書生、イ・インジャ』そう言って、若者が彼の前に将棋盤を乱暴に投げた。

 

反乱を阻もうとする男、ペク・テギル。

 

若者をチラリと見るとインジャはふっと笑みをこぼし、駒を盤の上に広げる。

 

雪のちらつく中、二人の対局が始まった。

 

テギル『(駒を取り)やけに簡単に取らせるんだな』

 

インジャ『(駒を取り)”肉をやって骨を取る”。わからぬか?基本中の基本だ』

 

テギル『たとえ王を獲ろうとも、手足となる兵士たちを失って何の意味がある?(”卒”の駒を動かす)』

 

インジャ『ならばこの卒を全部救ってどこへ使うつもりだ?』

 

『ほれ、王手だ』インジャが余裕の笑みを浮かべ、駒を動かす。

 

テギル『…。』

 

インジャ『兵士たちの犠牲なくして、どうやって王を仕留める?まさに大義のための犠牲ではないか』

 

テギル『一体誰のための大義で、誰のための犠牲だ?』

 

インジャ『我が朝鮮のため、民のため』

 

『!』テギルが思わず盤を叩く。

 

『民だと?』

 

テギル『よくもそんなことが言えたな』

 

インジャ『…。』

 

テギル『玉座欲しさに国中の民を踏みにじっておいて!』

 

インジャ『腐った朝鮮を変えられるのは、玉座のみだ』

 

テギル『いや。民を顧みない王など要らぬ』

 

インジャ『阻止しようと言うなら、お前も斬る。容赦なくな』

 

動じないインジャの様子に、テギルは小さく溜息をついた。

 

『あぁ、あんたはいつもそうだ』

 

テギル『何でも好きなように切り捨て、気に入らなければ殺してしまう』

 

『やれよ』テギルは両手を広げた。

 

『やれるものなら』

 

インジャの後ろに控えていた護衛が刀を抜くやいなや、テギルの後ろから別の刀がそれを阻止する。

 

ぶつかり合う刀に瞬き一つせず、二人は睨み合った・・。

 

1693年、漢陽

 

厨房で慌ただしく料理の準備が進んでいた。

 

妓生『まだなの?』

 

かまどの前でうつらうつらしていた女は、ハッとして立ち上がる。

 

『もう出来ます!』

 

料理を手に妓房の廊下を進み、部屋を開けると… そこで騒いでいた男に彼女は目を見開く。

 

『あんた!』

 

男『お、お前…』

 

女『(耳を掴み)出なさいよ、ほら!』

 

女は夫を引っ張って外へ出てきた。

 

『何て人なの?!』

 

男『何だ?俺を誰だと?ぼろ足袋履いちゃいるが、これでも両班の血筋なんだぞ!お前にゃ勿体ない亭主なんだ!偉そうに』

 

女『遊び歩いても亭主は亭主だって、今まで我慢してたのは誰?!私よ』

 

男『泣くなって。近所に見られるだろ』

 

泣き出した妻を不憫に思ったのか、ふいに表情を和らげると、男は妻の手をとった。

 

『なぁ、俺が好きで遊んでると思うか?』

 

男『賭博しか能がないんだから仕方ない』

 

女『子どもでも出来たらどうなるのか怖いわ…』

 

男『何言ってんだ。元気な子を産めばいい。天下のペク・マングムが我が子一人食わせられないと思うか?』

 

女『口ばっかり…』

 

男『疲れるだろうから仕事は終わりにして、これで雌鶏でも一羽飼って煮てくれよ』

 

男は銭を2枚、妻の手に握らせてニッコリ笑った。

 

『一発当てて来るからな』

 

女『…。』

 

男『すぐ帰るから』

 

いそいそと走っていく夫を呆れて見送ると、彼女は誰かがこちらを眺めているのに気づいた。

 

インジャだ。

 

彼女を見て小さく頷くと、インジャは手にしていた盃をコトンと置いた。

 

雌鶏を抱えて夜道を歩きながら、女は夫の言葉を思い出していた。

 

思わず溜息が漏れる。

 

女『(雌鶏に)許して。憎くても亭主だもの。ひもじい思いはさせられないでしょ?』

 

ふとかすかな気配を感じ、女は後ろを振り返った。

 

『誰かいるんですか?』

 

首をかしげ、歩き出そうとしたところへ、突然近づいてきた誰かが彼女の口を塞いだ。

 

大賑わいの賭場

 

今夜も大賑わいの賭場に、見るからに上等な身なりをした男が一人、足を踏み入れた。

 

粛宗だ!

 

すぐに女将のホンメが彼に気づき、満面の笑みで階段を駆け上がる。

 

『お待ちしてましたよ』

 

ホンメ『清国と大きな貿易をなさってる旦那さんでしょう?』

 

ホンメの言葉には答えず、粛宗はゆっくりと目下を眺めた。

 

ホンメ『どうぞこちらへ』

 

奥の空間へと進むと、さきほどの喧騒とは打って変わり、殊のほか静かだった。

 

びっしり客で埋まったそこは、卓ごとに簡単に仕切られており、息を呑む真剣勝負が繰り広げられている。

 

その一角にいたイスは、そばを通り過ぎる粛宗の姿をチラリと確かめると、何事もなかったように勝負に戻った。

 

ホンメは粛宗を奥の個室へ案内する。

 

そこにはまだ誰の姿もなかった。

 

ホンメ『普段どんな賭け事をお楽しみで?』

 

粛宗『特にはないが』

 

ホンメ『それなら闘牋になさいましよ。お相手を呼んでいますから』

 

粛宗はわずかにソワソワした様子で辺りを見渡す。

 

ホンメ『私の取り分はたった一割でいいですから』

 

ホンメが部屋を出ようとすると、粛宗は卓上にドンと金束を投げて寄越した。

 

ホンメ『?』

 

粛宗『取り分だ。持って行きなさい』

 

『お帰りの時でよろしいのに』そう言って笑いながら、ホンメは遠慮なく金を掴む。

 

『ではお楽しみを』

 

登場したマングムは、精一杯の余裕を見せ、粛宗の向かいに腰を下ろした。

 

手に持った金束を机の上にドンと置く。

 

マングム『賭博師には見えんが、何者です?』

 

粛宗『商売をね。清国を行き来して』

 

マングム『闘牋は?』

 

粛宗『まぁ、どうにか』

 

粛宗は盃を並べ、酒を注いだ。

 

『こうして出会ったのも縁だ。まずは喉を潤すのはどうかね?』

 

マングム『いや。腹の具合がよくないから酒は遠慮しましょう』

 

粛宗『そうか』

 

『では楽しく遊ぼうではないか』粛宗は盃を掲げた。

 

マングム『あぁ。そろそろ始めよう』

 

そして勝負が始まり・・・?

スポンサーリンク

『テバク』1話を視聴した人の感想

嬉しい✨✨ 金沢で見れる〜❤️❤️ @_asia_prince_jks #jks #テバク

A post shared by 絵美 (@emi19740904) on

 

『テバク』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法

韓国ドラマは、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがよくありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『テバク』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

 

韓国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

U-NEXTでは『テバク』以外にも人気となった

  • 太陽の末裔
  • 恋はチーズインザトラップ
  • 私はチャンボリ
  • オーマイビーナス
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な韓国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

→ 31日間トライアルはこちら

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

 

韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

>>安全に無料視聴する

まとめ

今回は、『テバク』1話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介しました。

 

今回の淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)は同伊(トンイ:동이)ではなくポクスンという名前になっています。漢字は福順か福純といったところでしょう。

 

また、淑嬪崔氏ムスリ説を採用しており、ムスリであったなら当然ながら婚姻もしています。

 

ムスリというのは宮女たちの小間使いで、既婚者が動員されましたので!

 

第2話以降、登場人物も増えて大きく物語が動きそうです。

 

それとも、まだ序章でしょうか?

 

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。