六龍が飛ぶあらすじ45話と動画を日本語字幕で無料視聴するには?

六龍が飛ぶあらすじ45話と動画を日本語字幕で無料視聴するには?

この記事では『六龍が飛ぶ』45話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

いよいよ残すところあと4話となりました。

 

ああ、なんという長丁場だったんでしょう(笑)

 

こんなに長いこと見てきたのにこんなに報われないのかっていう気持ちが。

 

ありますよ、ほんとに視聴者としては;;

 

『六龍が飛ぶ』45話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

『六龍が飛ぶ』:ドラマ情報

六龍が飛ぶあらすじ 45

2015SBS演技大賞 12冠受賞!

 

腐敗した高麗に革命を起こし、新たな理想国家を建てるため立ち上がった6人の英雄の生き様を描いた歴史くエンターテインメント時代劇♪

 

ドジョンと同じ志を持つ仲間と新国を作る為、沢山の敵に立ち向かう姿を描いたドラマ。

 

このドラマの主人公となるイ・バンウォンを演じるのは『トキメキ☆成均館スキャンダル』のユ・アインで今までのバンウォンとは、また違った彼が見れます。

 

そのヒロインのプニ役を務めるのは『アイアンマン』のシン・セギョンが演じます!

 

そしてもう一人!忘れてはいけないのは、日本で活躍していたユンソナが出演していること。

 

最近は、テレビでは、あまり見る機会がなくなりましたが彼女の演技も見どころと言えます♪

 

ストーリー

 

貴族が権力を独占する高麗末期。

 

イ・バンウォンは武将の父イ・ソンゲ(チョン・ホジン)を“真の男” として尊敬していました。

 

ところがある日、政敵であるイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)に服従する姿を目撃してしまい、失望。

 

民を守るために人々を鼓舞するチョン・ドジョン(キム・ミョンミン)に憧れを抱くようになり・・。

 

6 年後。

 

世の理不尽に嘆くバンウォン(ユ・アイン)は、ドジョンが新たな国家の建設を計画していることを知り、彼の残した暗号から父の統治する辺境の地・咸ハム州ジュへ向かいます。

 

そこには、貧しさから苦難の道を歩むプニ(シン・セギョン)、武士として名を馳せようと村を出てきたムヒュル(ユン・ギュンサン)の姿もありました。

 

ソンゲは中央の政治から身を引いていたが、ドジョンはそんなソンゲに『新しい国をつくりましょう』と告げます。

 

作品データ

 

  • 韓国SBSで2015年10月5日から放送開始の月火ドラマ

 

スタッフ

 

脚本

  • キム・ヨンヒョン(김영현):『根の深い木』『善徳女王』
  • パク・サンヨン(박상연):『根の深い木』『善徳女王』『チョンダムドン・アリス』など

 

演出

  • シン・ギョンス(신경수):『3days』『根の深い木』
スポンサーリンク

『六龍が飛ぶ』主要キャスト

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

ユ・アイン(유아인)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

李芳遠(イ・バンウォン:이방원:1367-1422)役

 

後日の定安大君(チョンアンデグン:정안대군)、朝鮮3代王の太宗(テジョン:태종)。

 

李成桂(イ・ソンゲ)の五男。

 

高麗の辺境の武装勢力である李成桂(イ・ソンゲ)の息子に生まれた。

 

しかも、家門を継いでいく長男で次男でもない5男だった。

 

つまり、核心層の子弟でないため、相対的に自由な子供時代を過ごした。

 

目的志向であり、欲しいものと無き物にしたいものに対する区別がはっきりすることに判断を上手くしたく、状況を正確に知りたく、それでしっかりしている。

 

口数が多くなく、思ったことを行動で表す時には、密かに早く刃のようだ。

 

生まれて初めて開京(ケギョン:개경)へ行き、そこで人生の師匠である鄭道伝に会って以降、イ・バンウォンの人生を左右する『鄭道伝の思想』にぶつかることになる。

 

キム・ミョンミン(김명민)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

鄭道伝(チョン・ドジョン:정도전:1342-1398)役

 

号:三峰(サムボン:삼봉)

 

朝鮮の政治的建国者であり、李成桂(イ・ソンゲ)の策士。

 

李芳遠(イ・バンウォン)の師匠であり、李芳遠(イ・バンウォン)最後の政敵。

 

モンゴルの植民支配時代、高麗の乏しい地方郷吏の長男で生まれた。

 

早熟な天才の面貌を備えた彼にとって高麗は希望がない国だった。

 

目に見えて聡明だった鄭道伝はいつも他人がしない考えを思いつき、世の中でもっとも難しい夢を実現する具体的な体系を作っていく。

 

また、これまで党余の利益だけを前面に出しながら、何も変わらなかった擊錚と上訴だけに一貫していた士大夫たちの前で、自ら行動し、自分の意を演説することにより、高麗が進むべき方向を提示する。

 

後日、李成桂の策士として、朝鮮を建国するのに1等功臣となり、一時は彼の弟子だった李芳遠と対立することになる。

 

シン・セギョン(신세경)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

プニ(분이)役

 

イ・バンジ(タンセ)の妹。

 

イ・バンウォンの女。

 

カンナンの娘。

 

幼い頃から兄より活発で、兄より賢かった。

 

不義を見ると、我慢できず、弱い者を見ると助ける、優しい性情の子だ。

 

彼女の最も大きな長所は、いかなる状況でも絶望しないこと。気後れしないことだった。

 

プニはこれが為せることなのか、為せないことなのか可能性といったことは追及しなかった。

 

プニにとって重要なのは、可能性がどれくらいなのかではなく、やらなければならないことなのかどうかだった。

 

イ・バンウォンと運命的出会いを通じて、情人になるプニは、後日、イ・バンウォンの夫人であり、朝鮮の中殿(チュンジョン:중전)に上がる閔氏と三角関係を形成するようになる。

 

ピョン・ヨハン(변요한)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

タンセ(땅새)/イ・バンジ役

 

後日、三韓第一剣のイ・バンジ。

 

プニの兄であり、チョン・ドジョンの護衛武士。

 

結局はどこにも属せない風のような剣客。

 

貧しい自作農の子で、妹と母三人が、父が残した小さな土地を耕し、苦しいながら、それなりに明るく暮らしていた。

 

タンセはいつも表現が下手だったし、人に問い詰めたりもしなかった。

 

良く言えば愚直、悪く言えば暗愚だった。

 

生まれつきの性分が故郷で農事でもして暮らせばよいようだったが、高麗の険しい時局は彼を平凡な農民として育つようには置かなかった。

 

母の失踪がその始まりだった。

 

タンセは母を探すため、妹一緒に開京ヘ行く。

 

そして、母を捜す過程で、チョン・ドジョンと絡まることになる。

 

これは後日、タンセを高麗興亡と朝鮮建国の中心に立つようにさせる。

 

ユン・ギュンサン(윤균상)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

ムヒュル(무휼)役

 

後日、世宗大王の最側近として内禁衛将(ネグミジャン:내금위장)に上がる朝鮮第一剣ムヒュル。

 

イ・バンウォンとともに大業を果たしが、最後にはイ・バンウォンに仕えることを拒否した武士。

 

さびれた片田舎の村で生まれ、文字一つ知らない無知者で、祖母を世話し住む9人兄弟のうちの長男。

 

幼いころから、体が大きく、村の多くの大人たちは彼に力で太刀打ちすることができなかった。

 

ムヒュルは、三韓第一剣になって家を助けるのが一生の夢だ。

 

それで、ムヒュルは最高の武術師匠で有名なホン・デホンから武術の修業を受けることになる。

 

その後、ムヒュルは師を軽く越え、倭寇が出没する地域ごとに現れ倭寇を殺害するという疑問の武士!カササギ毒蛇を探して旅に出たが・・・

 

チョン・ホジン(천호진)

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

李成桂(イ・ソンゲ:이성계:1335-1408)役

 

朝鮮の初代王、後年の太祖(テジョ:태조)。

 

朝鮮の軍事的建国者。

 

イ・バンウォンの父。

 

不敗の武将であり、百発百中の神弓で、義理に生き義理に死ぬ、何より義理を重視する豪傑だった。

 

自分の人たちを無惨に見守り、戦いにおいて後ろに下がっていることがなく、常に先頭に立って率先して戦う。

 

このような性格のために部下らは命を惜しまず彼に従い、より多くの民たちもまた、彼に従いたがる。

 

高麗の権力をにぎった権門勢族らは猛烈沸き上がるイ・ソンゲの人気を警戒したが、イ・ソンゲは政治的な部分に限っては優柔不断となる。

 

しかし、後日、鄭道伝(チョン・ドジョン)と意を企て、朝鮮を建国することになる。

スポンサーリンク

『六龍が飛ぶ』45話あらすじ

六龍が飛ぶあらすじ 45

 

それぞれの

 

バンウォンが王世子である弟と、いまや政敵となってしまった憧れの人チョン・ドジョンを殺すべきか生かすべきかについて悩み、揺れる姿を描いています。

 

チョン・ドジョンを政治的に窮地に陥れるために明の力を借りた自分について果てしなく恥じているバンウォン。

 

バンウォンはそれまで自分がとってきた、安辺策に勝手に父の印を押したり、チョン・モンジュを殺したことなどについては、自分としても堂々とした気持ちで行ってきていたのですが・・。

 

明にチョン・ドジョンを排除してもらおうとして力を借りた自分に引き換え、堂々と自分の力で逆襲してきたチョン・ドジョンにすっかり感服してしまっていたのでした。

 

まるで親分に告げ口する子どものように卑怯な真似をしたと苦しむバンウォン。

 

かたや窮地に陥らされながらも、遼東に実際に攻め入ることで長年の夢である領土問題を安定させ、なおかつ王子たちが率いる私兵もいやおうなく解体させられる道を導き出したチョン・ドジョン。

 

その圧倒的な底力の差に打ちひしがれながらも、ムヒュルにすらその苦しみを打ち明けられないバンウォンでした。

 

一方チョン・ドジョンは、王イ・ソンゲの了承を得ていよいよ“遼東征伐”を始めることになり、喜び勇みながらも身を引き締め。

 

自分のことを『希望だ』と言ってくれるヨニに、バンジと結婚して欲しいと思っていることを伝えます。

 

チョン・ドジョンは建国以来、きな臭くなる一方の政治の世界ではなく、ヨニには本来の民としての居場所に戻って自分のために幸せに生きて欲しいとかねてより願っていたのでした。

 

突然の『結婚しろ』の言葉に戸惑いながらもまんざらでもなさそうな二人です。

 

ヨニとバンジのことを家族のように思っているのに、政治にかまけて結婚の世話もしてあげられなかったとチョン・ドジョン。

 

『だから、ヨニを結婚させようと思うが、どう思う?』とバンジに尋ねます。

 

『それは・・・・・』と言葉を濁すバンジに『お前とだよ』と笑うシーンです。

 

新たに組織される中央軍の軍事訓練をボイコットしたため、王の逆鱗に触れ流刑に処されそうになる王子たち。

 

ところがチョン・ドジョンは流刑を解くかわりに王子全員に王の前で中央軍への忠誠を誓わされ、実質的な武装解除をしようとします。

 

バンウォンらが呼び出されたことに嫌な予感がしたバンウォンの妻ミン・ダギョンは、ヨンギュに命じて武器をすべて移動させようとします。

 

ミン・ダギョンの予感どおり、バンウォンたちがいない隙を縫って家にある全ての武器を取り上げていくチョン・ドジョン側。

 

ミン・ダギョンはヨンギュが無事武器を移動できるよう祈っているのですが、そこで起きてしまうんですよね、危惧していたことが。

 

武器庫に確認しにきていたヨンギュ。

 

そこへやっぱりやってきてしまったんです、高麗王ワン・ヨの息子が。

 

ヨンギュは一旦は刀を抜こうとしますが、子どもなので斬ることができず、逃がそうとします。

 

ところがそこへ子どもを捜しに来たチョク・サグァンが入ってきてしまい・・・・・・。

 

王の子どもが斬られそうになっていると早合点したチョク・サグァンは、子どもに近づくのを止めようとするヨンギュに対抗すべく素早い動きで刀を取って闘いに。

 

子どもが巻き添えになって斬られてしまった為に、怒ったチョク・サグァンはヨンギュを倒してしまったのでした。

 

息も絶え絶えなヨンギュを発見したムヒュル

六龍が飛ぶあらすじ 45

最後まで武器庫を案じながら死んでしまったヨンギュ。

 

ヨンギュの遺体と対面し、慟哭するバンウォン。

 

こうして、闘いの前にヨンギュを失ってしまったバンウォンは泣きながらムヒュルに告げます。

 

弟とチョン・ドジョンを殺すと。

 

自分が本当にあの二人を殺せるか見極めようとしていたが、やはり殺さなければならないというバンウォン。

 

バンウォンは、ヨンギュの供養のために集まるゆかりある人たちとともに、供養を装い反逆のための密談を重ねることにします。

 

一方ムヒュルは、バンウォンの決意など何も知らずヨンギュの葬儀に訪れているバンジに、申し訳ない気持ちを隠せません。

 

『バンジと闘うことになるのかな。俺が負けるんだろうか』と心で呟いているムヒュル。

 

誰にやられたのかと尋ねるバンジにチョク・サグァンのようだと答えるムヒュルです。

 

そのチョク・サグァンは息絶えてしまった子どもの亡骸を埋め、密かに自ら死を選んでいました。

 

チョク・サグァンの兄を偽装していた高麗の王族が、名前を玉(オク)と偽って班村に入り込んでいたことがばれてしまい、残されたもう一人の子どもとともに捕らえられてしまっていたのでした。

 

全てを失い、ワン・ヨにもとに旅立とうとするチョク・サグァンです。

 

武器を見てしまったプニ

六龍が飛ぶあらすじ 45

一方バンウォンは、ヨンギュが死んだ場所に武器があるのを見てしまったというプニに、それは自分の武器庫であること、告発してもプニたち班村の人たちも一味との疑いから免れないこと。

 

もしもの日がきたらプニは自分の側の人々を守るために賢明な判断を下して欲しいとお願いします。

 

プニを巻き込まないという誓いが守られなかったことを、内心詫びているバンウォンです。

 

チョン・ドジョンもヨンギュの葬儀に訪れバンウォンにお悔やみの言葉を述べるのですが、その時ヨニが明の王が死んだことを伝えにきます。

 

まったく同じことを同時にチョンニョン和尚も伝えにきていたため、双方これで本格的に“遼東征伐”が始まるのだと悟り。

 

おりしも訪ねて来たハリュンに、出兵前にチョン・ドジョンとナム・ウン、シム・ヒョセンを殺すと宣言するバンウォン。

 

主要官僚3人を殺したあと、宮殿にいって王世子を引きずり出すと伝え。

 

ハリュンは到底軍を引き連れて宮殿に入ることなど不可能だと反対し、バンウォンはそこを考えるのがあなたの仕事だろうと一喝するのですが・・・。

スポンサーリンク

『六龍が飛ぶ』45話を視聴した人の感想

 

『六龍が飛ぶ』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法

韓国ドラマは、放送終了後にBlu-ray&DVDがリリースされることがよくありますよね。

 

どうせなら『無料でみたい』という方も少なくないはず。

 

では、『六龍が飛ぶ』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには…

 

韓国ドラマならほぼ何でも揃っているU-NEXT(ユーネクスト)いう動画配信サービスの利用をおすすめします!

 

U-NEXTでは『六龍が飛ぶ』以外にも人気となった

  • 太陽の末裔
  • 恋はチーズインザトラップ
  • 私はチャンボリ
  • オーマイビーナス
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 美男ですね

など、最新~過去の名作までもっと様々な韓国ドラマが無料で視聴できるんですよ♪

 

また、U-NEXTでは、今なら31日間無料トライアルを実施しています。

 

31日間もあれば、韓国ドラマを完全無料で一気見することもできますね。

→ 31日間トライアルはこちら

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですがお金は一切かかりませんでした。

 

韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ!

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

  • Dallymotion(デイリーモーション)
  • miomio
  • Pandora(パンドラ)

といった名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。

 

このような違法サイトから動画をダウンロードして動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。

 

しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら

 

U-NEXTを利用した人の口コミは?

>>安全に無料視聴する

 

まとめ

今回は『六龍が飛ぶ』45話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきました。

 

アナキンがどんなにカッコよくていいやつでも、結局ダースベーダーになる運命は変わらないのと同じで。

 

このドラマも結局なぞるのでしょう、『根の深い木』で規定事実となっているエピソードを・・。

 

次回。いよいよタンセが私の中で悲しみの殿堂入りしそうで恐ろしいです;;

 

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。